• 080-5178-9927

Joomla1.5から3.xにマイグレーションサービス

Joomla1.5のサポートが2012年4月に終了!これは何を意味するのか?

Joomla1.5のシステムサポートがJoomla.orgから受けられなくなる。Joomla1.5で構築されたサイトは世界中に沢山存在する。当然、日本でも沢山存在する。一般のユーザーにはその識別ができないだけなのだが。

Joomla1.5サイト(このサイトもJoomla1.5で構築されている)は、2つの選択の内一つを選択せざるをえない。

  • Joomla1.5のサイトを継続的に使用する
  • Joomla1.5から3.xにマイグレーションする

 

セキュリティー上で大きな問題がない状態ならば、現在のJoomla1.5サイトを継続して使用できる。ただ、こんな環境的な問題が将来的に発生するかも知れない。

  • 使用中のレンタルサーバーのMYSQL、PHPなどのバージョンが強制的に変更されることで不具合が発生する。Joomla1.0サイトは、レンタルサーバーのPHPバージョン5.3やMYSQLバージョン5.5で既に不具合が発生している
  • Joomla1.5の拡張エクステンションがJoomla.orgで入手できなくなる
  • セキュリティーで問題が発生した場合に対応できなくなる

一番良い選択は、Joomla1.5から2.5にマイグレーションすることである。

マイグレーションするメリットは、

  • 新規追加機能が使える
  • 利便性の向上がある
  • Joomla.orgからのシステムサポートがある
  • 拡張エクステンションが増えてくる
  • リニューアルが出来る

 

マイグレーションする負担は、

  • システムバージョンアップ費用が発生する(サイト再構築に等しい費用負担がある)
  • 現在使っている拡張エクステンションが使えなくなる可能性がある
  • 新規にテンプレートを制作する必要がある
  • 新システムの操作方法に慣れる必要がある
  • 現在のシステムを構築した担当者がいない場合は、外部Joomla取扱い会社に保守を委託する必要がある

どのホームページもリニューアルするタイミングがある。これを機会にJoomla 2.5にマイグレーションするのも良いのではないだろうか。時代の要請に合うシステムになるからだ。

Joomla1.5から3.xへのマイグレーション費用

まず、自社でどこまでJoomla 3.xをカスタマイズできるかを判断する。当社では、お客様が出来ないところからマイグレーション作業を請負う事ができる。

ー>Joomlaマイグレーション

 

お問合せフォーム

 

Fields marked with * are required

 

Subscribe 購読

コンテンツマーケティングツール Joomla CMSお客に見つけてもらうサイトに育てましょう。Joomlaとコンテンツマーケティングに特化した情報をFacebook、Twitter、ブログ、メルマガで提供しています。

subscribe-facebook

subscribe-twitter

検索

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.