• 080-5178-9927

サービス内容&料金

新規CMSサイト構築サービス

Joomla CMSを使った英語・日本語のバイリンガル/多言語サイト、情報ポータルサイト、コーポレートサイト、販売促進サイト、インターネット&イントラネット兼用サイトなどを新規に構築したい会社向けのサービスです。

特徴は、東京、横浜圏内の方にはオンサイト(御社オフィス)で基本システム操作教育を6時間まで行う料金が含まれています。これ以外のお客様には、Skypeチャットで随時わからない点を即時対応致します。

当社が提供しますCMSシステムでは、ハッキング攻撃を見える化すると同時にハッキング攻撃があったことを自動的にメールで知らせてくれます。メールには、どの様な攻撃なのか(例えば、XSS攻撃など)の記載と攻撃元のIPアドレスが記載されます。

ハッキング元のIPアドレスがわかることでそのIPアドレスをブロックすることで次回の攻撃を自動的に回避できます。

サイトのセキュリティが気になる時代になりました。どのようなシステムでもセキュリティの脆弱性が発見されます。それが見つかっても防御できるセキュリティ対策が求められます。

当社では、その安心をお客様に提供できるようにサイト構築を行っています。

Joomlaトラブルシュート

Joomla CMSでサイト構築をされても色々な問題に直面します。自分たちでどうしても解決できない場合に当社のトラブルシュートサービスをご利用下さい。ただし、お使いの拡張エクステンションによっては、サービスを提供できない場合があります。Joomla以外の外部プログラムやシステムとの融合などが原因の場合はこのサービスの対象になりません。

Joomlaシステム保守

Joomla CMSサイトの保守を外部委託されたい会社、団体、教育機関向けのサービスです。担当者が退職や転職でいなくなったためJoomlaサイトを保守できなくなったというニーズにお答えします。

当社にJoomlaサイトのシステム保守を依頼されます会社サイトには、当社独自のハッキング攻撃を見える化する機能と防御機能を導入します(Joomla 2.5以上のバージョンのみ)。

この機能は、ハッキング攻撃が発生したことを自動的にメールで知らせてくれます。メールには、ハッキング攻撃の種類、ハッキング攻撃元IPアドレスが記載されています。

ハッキング攻撃元IPアドレスが分かれば、そのIPアドレスをブロックすることで次回の攻撃を未然に防げます。

Joomlaシステム操作トレーニング

Joomla CMSにはたくさんの機能があります。そのため何をどう触ればどうなるかが分かるまで時間がかかります。単純なページ作成だけであれば、トレーニング時間は短時間で済みます。

ただ、

システムの全体像を把握するには、相当の時間がかかります。短期間でJoomlaシステムを全てマスターすることはこのトレーニングで残念ながら提供出来ません。それほど、たくさんの機能があります。

当社のトレーニングサービスは、お客様にJoomlaシステムの全体像を理解して頂く事と特定の機能についてリクエストベースで対応するサービスです。

Joomlaサイト運営代行サービス

Joomla CMSのサイト運営の一部、または、全てを当社に委託されたい会社向けのサービスです。

Joomlaでサイト構築を終えたが、ページ作成や更新作業をする時間が取れないために新しい情報が発信できないでいるという問題やサイト運営者の退職、異動で代わりをする人材が見つからない場合に便利なサービスです。

ページ作成時にSEO対策を行いますので発信する情報が多くあればあるほど検索でヒットしやすい会社ホームページになります。

Joomlaコンサルティング

Joomla CMSに関わるすべての相談を受けます。対応できる案件のみコンサルティングを行います。

例えば、Joomlaを使ってこのようなサイトを構築したいがどの様なことに注意して構築すべきか、Joomlaを商材にしてサイト構築サービスを展開したいが入り口まで指導して頂けないかなど、色々な相談を受け付けています。

Joomla多言語対応

Joomlaは、標準で多言語対応の機能を持っています。必要なのは、言語パッケージ(フランス語、イタリア語、ドイツ語、中国語など)があればその設定を行なうだけでシステム側の多言語対応が整います。

多言語設定は、設定方法が分からないと上手く出来ません。当社は、求められる言語パッケージの入手と多言語設定を行なうサービスを提供しています。

Joomlaエクステンションの翻訳サービス

Joomla CMSでサイト構築をしていますと第三者が開発したエクステンションを導入する時があります。英語がわかるユーザーであれば良いのですがお客様の場合は出来るだけ導入するエクステンションを日本語に翻訳する必要が出てきます。

Joomlaのエクステンションを翻訳する人は、Joomlaとそのエクステンションについて知識や理解力がないと単純に翻訳を行うことが出来ません。Joomlaの仕組みとエクステンションの仕様が理解できないと意味がわからない翻訳になるからです。

当社は、今までお客さまのニーズで英語版のエクステンションを日本語に翻訳してサイトを構築してきました。その経験と知識を反映したエクステンションの翻訳を致します。