• 080-5178-9927

Joomlaが初めての方へ

 joomla-basic

 Joomla(ジュームラ)というオープンソースのCMSを聞いたことがあるが、実際にどのようなCMSであるか分からない。興味があるが、日本語での文献が少ない。

そんな状況で検索してこのページに辿り着いたのではないでしょうか。

Joomlaは、ウエブで情報を発信するシステムツールです。Joomlaでサイトが構築されていれば、一般の方でも簡単にウエブで情報をいつでも、どこでも、誰にでも発信することができます。

つまり、

ホームページの専門家でなくてもウエブで情報発信が誰にでも出来るツールなんです。

Joomlaは、世界中のエンジニアがボランティアで開発をしているCMSです。CMSのジャンルでは、世界で一番ビジネスで活用されています。

Joomlaをビジネスで使う人達とJoomlaサイトを構築する人たちでは、求められる技術力、知識、語学力、IT経験が違います。Joomlaサイトを構築する人たちは、エンジニアである場合がほとんどです。

CMSは、複雑なシステムなのです。システムは、PHPのプログラム、MySQLのデータベース、LAMPのサーバー環境で稼働していますので一般的なウエブデザイナーでは対応できないのです。

Joomlaの情報は、Joomla.orgという本家(開発元サイト)に集約されています。全て、英語で書かれていますので英語力がない方は対応出来ません。

どのエンジニアでもJoomlaを物にできるかといえば、そうではありません。英語力があるエンジニアでJoomlaの魅力を感じられる人でなければ続きません。

一般的にJoomlaでサイト構築したい方は、多くのことと学習時間を要求されます。

一方で、

出来上がったJoomlaサイトをビジネスとして活用する人たちにとっては、これほど簡単にホームページを運営できるツールはないと感じるでしょう。

最低でもページ作成を行うEditorの使い方(ワープロと類似機能)を学べば、直ぐにページを作成出来ます。後は、システムの機能を使うための操作方法を学べばある程度のカスタマイズが出来るようになります。

例えば、

メニュータイトルの修正、場所の変更、SEO対策のメタ情報設定、コンテンツ修正、バナー貼り付け、グーグルマップやYouTubeの貼り付けなどは、直ぐにでも出来てしまいます。

Joomlaサイトを使う人は、システムの操作を学ぶ時間さえあれば今まで自分でコントロールできなかったホームページでの情報発信がいとも簡単にできるようになります。

Joomlaを使う人は30分以内にウエブで情報を発信出来ます!

Joomlaは、ウエブでの情報発信のための生産性向上のツールなのです。

 

=>誰がJoomlaを使っているのか?

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

© 2015 Goyat. All Rights Reserved.