• 080-5178-9927

Joomla初心者

 joomla-basic

 Joomla(ジュームラ)というオープンソースのCMSを聞いたことがあるが、実際にどのようなCMSであるか分からない。興味があるが、日本語での文献が少ない。

そんな状況で検索してこのページに辿り着いたのではないでしょうか。

Joomlaは、ウエブで情報を発信するシステムツールです。Joomlaでサイトが構築されていれば、一般の方でも簡単にウエブで情報をいつでも、どこでも、誰にでも発信することができます。

つまり、

ホームページの専門家でなくてもウエブで情報発信が誰にでも出来るツールなんです。

Joomlaは、世界中のエンジニアがボランティアで開発をしているCMSです。CMSのジャンルでは、世界で一番ビジネスで活用されています。

Joomlaをビジネスで使う人達とJoomlaサイトを構築する人たちでは、求められる技術力、知識、語学力、IT経験が違います。Joomlaサイトを構築する人たちは、エンジニアである場合がほとんどです。

CMSは、複雑なシステムなのです。システムは、PHPのプログラム、MySQLのデータベース、LAMPのサーバー環境で稼働していますので一般的なウエブデザイナーでは対応できないのです。

Joomlaの情報は、Joomla.orgという本家(開発元サイト)に集約されています。全て、英語で書かれていますので英語力がない方は対応出来ません。

どのエンジニアでもJoomlaを物にできるかといえば、そうではありません。英語力があるエンジニアでJoomlaの魅力を感じられる人でなければ続きません。

一般的にJoomlaでサイト構築したい方は、多くのことと学習時間を要求されます。

一方で、

出来上がったJoomlaサイトをビジネスとして活用する人たちにとっては、これほど簡単にホームページを運営できるツールはないと感じるでしょう。

最低でもページ作成を行うEditorの使い方(ワープロと類似機能)を学べば、直ぐにページを作成出来ます。後は、システムの機能を使うための操作方法を学べばある程度のカスタマイズが出来るようになります。

例えば、

メニュータイトルの修正、場所の変更、SEO対策のメタ情報設定、コンテンツ修正、バナー貼り付け、グーグルマップやYouTubeの貼り付けなどは、直ぐにでも出来てしまいます。

Joomlaサイトを使う人は、システムの操作を学ぶ時間さえあれば今まで自分でコントロールできなかったホームページでの情報発信がいとも簡単にできるようになります。

Joomlaを使う人は30分以内にウエブで情報を発信出来ます!

Joomlaは、ウエブでの情報発信のための生産性向上のツールなのです。

 

=>誰がJoomlaを使っているのか?

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

誰がJoomlaを使っているのか?

I-am

え~、実は私も使っています!

Joomla CMSは、知る人ぞ知るグローバルブランドのオープンソースCMSであるため名前を聞いたことがあるが使ったことがないというウエブデザイナーやエンジニアが大勢いる。

実際に使っている方々は、エンジニアが多いのではと思っている。

中には、Joomlaを使っているという認識がないまま会社のホームページを運営している担当者もいる。

Joomlaのユーザーのクラス分け

  1. エンジニア
  2. 他のCMSユーザー
  3. 英語力があるウエブデザイナー
  4. 情報工学系の学生
  5. 業者によって構築されたJoomlaサイトを運営している企業担当者
  6. Joomlaに興味を持った一般ユーザー

Joomlaは、Word Pressのような気軽に使えるブログシステムではないためJoomlaを簡単にインストールできるサービスを提供するホスティング会社があまりない。

そのため、

興味を持った人は、どこのホスティングサービスを使えば良いかわからないため途中で関心を失ってしまう場合が多い。

この壁を乗り越えられる人が最初のJoomla初心者となる。インストールが自分で出来る人がJoomlaを使える人の大前提になる。

自分でJoomlaを求めて使っている人たち業者が構築して出来上がったJoomlaサイトを運営している人たちでJoomlaユーザーは構成されている。自分で求めて使っている人たちは、数が少ないと思う。

むしろ、

業者が提案してJoomlaのサイトを使用している人達が多いのではと感じている。

 =>Joomlaを使う理由

==>Joomlaインストール

===>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

Joomlaを使う理由は情報発信を簡単にしたいから

 Joomlaを使う理由は情報発信を簡単にしたいから

Joomlaを使う理由は色々ある。

私の場合は、HTMLのコーディングが上手く出来ないため出来上がったホームページが時間をかけた割に酷いものであったからだ。こんなに時間をかけてもこの程度か。もっと、効率良く綺麗に簡単に出来るツールがないかを探したら、Joomla CMSに遭遇した。

それが直接の出会いであった。

複数人で頻繁に情報発信を行う必要性がある

ウエブでの情報発信が担当者一人では負担が多い場合がある。頻繁に情報をアップする会社では、担当者が病気や退職で作業ができない場合を考えてJoomlaを導入したケースがある。

Joomlaはページ作成さえ出来ればウエブで情報発信が出来てしまう。そのページ作成方法さえ複数の担当者に覚えて頂ければ直ぐにウエブで情報をアップできる。

例えば、

HTMLの知識がない広報担当が3人いる会社では、ニュースリリースやお知らせなどを各部門別に発信している。部門ごとに発信する件数が多い場合は、3人が手分けをして同時にウエブにアップしたりする。

休暇を取る時などは、作業を他の担当者にお願いやすい。担当者の一人が社内異動や転職をしても他の担当者が対応できる体制になっている。

頻繁に使う機能がコピーできる

通常のホームページでは、トップページにお知らせトピックス記事がリンクされている。新しくページ作成すればその記事がトップページのお知らせに自動的に表示されるという機能である。

Joomlaでは、2つの種類がある。

  • 最新お知らせ記事表示機能
  • 人気記事表示機能

この2つの機能がトップページだけでなく各メニュー毎に設置できるというか、どこでも、幾つでも、特定カテゴリーだけ(または、すべてのカテゴリー、指定カテゴリー)表示させることが出来る。

この2つの機能は、必要の応じてコピーできるからだ。

例えば、

AメニューとBメニューの冒頭に最新お知らせ記事と人気記事を表示させる。但し、表示される記事はそれぞれ違ったカテゴリーの記事になる。カテゴリーが複数あり、複数のカテゴリーから記事を表示させたい場合でもそれをすぐに反映できる機能である。

システム操作で直ぐに設定できてしまう。普通のホームページでは、ウエブデザイナーが機能修正を行う必要がありコストと時間がかかってしまう。Joomlaでは、担当者がすぐにそれを設定できてしまうので手間を掛けない。

英語、フランス語、ドイツ語、韓国語などの多言語対応のサイト

海外に進出したい製造業の会社は、どうしても多言語対応のサイトが要求されることになる。ただ、進出する国が増えるに従ってサイト構成などをやり直す作業が普通の会社ホームページで始まることになる。

もし、手間隙をかけずに必要な言語をサイトに追加できる機能があるとしたらどうだろうか。

Joomlaは、標準で英語と日本語のバイリンガル機能になっている。但し、そのように設定する必要があるがリソースはすでに標準で提供されている。

タイ語やインドネシア語を追加したいと思った時は、追加言語を選択してシステムからインストールスルだけでリソースが提供される。

あとは、メニューやページをその言語で作成していくだけである(多言語対応の設定が出来る事が前提)。

Joomlaが日本を除く海外で広く使われている理由に簡単に多言語対応が出来るという点がある。Joomlaの多言語対応機能は、他のCMSと違ってシステムの管理画面も同時に担当者の言語で表示される仕組みがある。

Aさんは、英語で。Bさんは日本語で。そして、Cさんはタイ語で同時にシステム管理画面に同時にログインが出来る。一つのシステムが同時に英語、日本語、タイ語の3ヶ国語の管理画面を提供する。この機能は凄い。

ホームページを自分でカスタマイズしたい

ホームページはウエブデザイナーだけが出来るものと思われているが、Joomlaで構築されたサイトはウエブデザイナーでない一般社員がシステム操作さえマスターすれば自社サイトをコントロールすることが出来る。

以下の様な変更があるとする、

  • メニュータイトルを修整したい
  • ページタイトルを修整したい
  • コンテンツの内容を修整したい
  • バナーを特定の場所に貼りたい
  • 特定メニューページだけに表示させたいサブメニューを追加したい
  • ページを見ながら修正をしたい
  • 張り付けている写真や画像を消したい、取り替えたい

などなど。

上記のような修正や追加作業を自分で簡単に出来るならば外部のウエブデザイナーに依頼する時間とコストを削減できる。自分たちでサイトをコントロールできるようになると・・・

  1. 時間の節約
  2. お金の節約
  3. 作業の軽減

この3つのメリットが生まれる。Joomlaはウエブでの情報発信のための生産性向上のツールなのである。

今まで3日間かかった1ページが10分で出来るほどの利便性をJoomlaは提供する。この利便性がJoomlaを使う理由ではないだろうか。

 =>Joomla入門セミナーのオススメ

==>新規CMSサイト構築

===>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

 

Joomla入門セミナーでJoomlaの全体像をつかむ

pros-cons

 Joomlaを学ぶ上で必要なことは、Joomla CMSの全体像を最初につかむことである。

全体像をつかむために参考書(英語)を読むことも良いが読んでいる内にわからないことだらけに成ってしまう危険性がある。わからないことがあったらすぐに聞ける環境でJoomlaについて学ぶほうが効率が良い。

Joomla入門セミナーの開催

日本でJoomlaを教えている学校や講座がない。当社(Goyat LLC)は、このニーズを満たすために週1回のペースでJoomla 2.5入門セミナーを横浜駅近くで開催している。こちらにそのスケジュールがあるので参考にして頂きたい。

当社のJoomla入門セミナーは、Joomlaの全体像を把握して頂く目的で提供している。もっと詳しいセミナーは、テーマ単位で個別に対応している。一般大衆向けの入門セミナーであるため受講料金を5000円(税別、事前指定銀行振込、2時間30分)で開催している。

時々、無料の「Joomlaとは」と言うセミナーも開催しているが定期的にはやっていない。

セミナーの受付は、開催1週間前に締め切られる。人数に逢った会場を確保するためにそのような設定にしている。人数は、15名以内を想定してる。

概要:

1.Joomla CMSについて
2.Joomla 2.5のインストール注意点(レンタルサーバー)
3.Joomla 2.5の特徴
4.管理画面の概要説明
5.便利な拡張エクステンションについて
6.Q & A

学べる事:

・Joomla CMSの全体像の把握
・システムのインストール方法
・サイト管理画面の概要
・主要な機能の理解
・導入時に便利な拡張エクステンション
・その他

今までこのJoomla入門セミナーを受講された方々は、ほとんどが何らかの組織に所属している担当者が多い。

Joomla 2.5の現行バージョンを中心にセミナーを行なっているがJoomla 3.0.xもそろそろテーマとして取り上げていこうかと思っている。

Joomla 2.5や3.0.xについて日本語で書かれた参考書が殆ど無いに等しいため英語力がある方は英語の参考書を読むしか選択がないだろう。

Joomlaについて一番早く効率よく理解する方法は、Joomlaの専門家のセミナーを受講することである。質問ができるのでわからないことや疑問にすぐに対応できるからだ。

 =>Word PressとJoomlaの違い

==>Joomla入門セミナー案内

===>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

 

 

Word PressとJoomlaの違い

 Word Press 3.5.1の管理画面(管理者権限の画面)

dashboad-wp

Joomla 3.0.3の管理画面(最高サイト管理者権限の画面)

Goyat LLC-Super

Word Press 3.5.1もJoomla 3.0.3もレスポンシブデザインのテンプレートが標準で提供されている。

Word Pressは個人向けブログサイト用途に最適

Word Pressは、ブログ記事を直ぐに発信する用途に最適である。標準で装備されている機能がブログ記事を書く時に都合の良いようになっているからだ。

初期設定で機能などの追加、カスタマイズを行なわないで使うならば、ブログサイトとして直ぐに立ち上がりやすい。

もし、私がJoomlaを取り扱っていないならば個人的な情報発信はWord Pressをそのまま使っていただろう。

Word Pressを法人向けサイトとして活用しようとするとこの時点からウエブデザイナーの独壇場になる。Word Pressをディフォルトでインストールしたユーザーでは、対応が出来ない。

Joomlaは法人向け情報発信サイトに最適

Joomlaは、個人的なサイトから法人やポータル向けのサイト用途に開発されているため直ぐにでも法人向けサイトとして活用できるようになっている。

法人向けサイトとして必要な機能が導入と同時にすぐに使えるようになっている。カスタマイズもシステム操作さえマスターすればいつでも誰でもできるようになる。Joomlaがわかるウエブデザイナーにお願いする部分は、テンプレート制作ぐらいかもしれない。

Joomlaは、ウエブの専門家に依頼しないでもシステム操作だけでお好みのサイトを作り込めるのが売りである!

つまり、

単純な個人向けブログサイトから複雑なポータルサイトまでシステム操作だけで対応できてしまう拡張性が標準機能として備わっている。

この違いはJoomlaとWord Pressを経験している方であれば、疑う余地もない。

Word Pressを法人向けサイトとして拡張するには、専門家の手に委ねる必要があり、個人として触れる部分は非常に少なくなる。

Joomlaは、初めから専門家に委ねないで一般ユーザーがシステム操作に慣れれば思い通りにカスタマイズが出来るようになる。

一般ユーザーがWord Pressをカスタマイズできる範囲が、20%だとするとJoomlaは90%ぐらいになるだろう。

但し、

JoomlaはWord Pressと比べて複雑なシステムであるため、Word Pressのシステム操作を学ぶのに3日間とするJoomlaは6ヶ月以上の長期な学習期間を要求する。

それ故、

Joomlaは基本的に法人向けサイトとして活用されている。個人で使用している人が、エンジニアに多い理由がここにある。

 =>Joomlaが出来る事(機能)

==>新規CMSサイト構築

===>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

Joomlaが出来る事は色々あります!

 globe

 海外市場開拓のために会社のホームページを最低でも英語と日本語にしたい!

はい、Joomlaはインストールした時点でバイリンガル(日本語と英語)サイトにカスタマイズが出来るようになっています。

 

研究室や研究所の学術論文の発表と資料のダウンロードを特定会員だけにさせたい!

はい、Joomlaは特定会員向けにカスタマイズしたアクセス制限設定を使って資料ページやPDF, Excel, Word, PPT, 動画などのファイルをダウンロード出来るようになっています。

 

お問合せフォームを対象国の言語で複数フォーム作成したい

はい、Joomlaは導入した言語を使って自動的にお問合せフォームを好きなだけ作成できます。

 

ページに記載したメールアドレスをスパマーに取られないようにしたい!

はい、Joomlaはページに記載したメールアドレスを自動的に暗号化します。ウエブからメールアドレスだけを盗んでいくプログラムを使っても取っていくのは暗号化されたゴミデータだけです。

 

子会社が10社あるのだが一つのシステムで10社のサイトを構築しコストを削減したい!

はい、Joomlaは擬似マルチサイト機能を使って好きなだけ独立したイメージとメニュー構造を持ったサイトを一つのシステムで構築で来ます。一つのシステムであるためシステム保守で発生する料金も軽減出来ます。

 

スマートフォンやタブレットに自動対応したい!

はい、Joomlaは標準でスマートフォンやタブレットに自動対応しています。

 

サイトマップを自動で作成できるようにしたい!

はい、Joomlaはサイトマップを自動で作成設定があります。新しいページを作成すれば自動的にサイトマップに反映されます。

 

会社にホームページに詳しい社員がいないので一般社員に情報発信をさせたい!

はい、Joomlaはホームページに詳しくない人でも直ぐにページ作成ができるように開発されています。ページ作成用のEditor操作を30分ほど学べば直ぐにでもページ作成が出来、ホームページにページを反映出来ます。

 

アップしたページ内容に間違いが見つかったので直ぐに修正できるようにしたい!

はい、Joomlaは間違えがあったページを見ながら直ぐに修正ができるようになっています。

 

サイトのリニューアルのコストを大幅に削減したい!

はい、Joomlaで構築されたサイトはサイト全体のイメージを司るテンプレートを変えるだけでイメージチェンジが一瞬で出来ます。リニューアルで発生するコストは、新しいテンプレート制作と設定の手間暇料金ぐらいです。

 

各ページごとの閲覧数を知りたい!

はい、Joomlaは自動で各ページ毎の閲覧数の記録をとっています。表にその数を表示させたり、管理画面だけに表示させたりする選択が出来ます。

 

バナー広告を貼ってクリック数や閲覧数を管理したい!

はい、Joomlaにはバナー広告を管理する機能があります。

 

登録した会員に対して通知メールをしたい!

はい、Joomlaには登録した会員グループ毎に通知メールを一斉配信するメール機能があります。

 

SEO設定が簡単に出来るようにしたい!

はい、Joomlaは各ページ、カテゴリー、メニュー、サイト全体、URLでSEO設定が誰にでも簡単に出来るようになっています。

 

使いたい機能がない場合に機能を追加したい!

はい、Joomlaはエクステンションを追加することで標準で提供されていない機能を追加できます。有償と無料のエクステンションをJoomla.orgでダウンロード出来ます。SNS機能、フォーラム機能、メルマガ発行機能、写真ギャラリー機能、ショッピングカート機能、ソーシャルメディア機能などなどを追加できます。

 

FacebookやTwitterに自動投稿が出来るようにしたい!

はい、FacebookやTwitterに自動投稿が出来る機能を追加できます。有償と無償のエクステンションで対応ができますが、ご自身のFacebookとTwitter側で多少設定を行う必要があります。

=>Joomlaに適したサイト利用

==>Content Marketing CMS導入パッケージ

===>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2015 Goyat. All Rights Reserved.