• 080-5178-9927

Joomlaのキャッシュ(cache)

Joomlaのキャッシュ(cache)

joomla-cache

Joomlaは、Cache機能なしでサイト運営をすると一般的に応答スピードが遅く感じる。

ただ、

お使いのサーバーのパワーが強力であると問題ないほど軽く感じる。問題は、安い共有レンタル・サーバーでJoomlaを動かそうとすると酷く遅くなるという事実だ。

そこでJoomlaは、サイト全体の応答スピードをできるだけ速くするCache(キャッシュ)機能を備えている。

Joomlaが標準で提供するCache(キャッシュ)機能

グローバル設定にあるCache機能

上記にある画像を参照して頂きたい。コンサバティブとプログレッシヴのキャッシュ設定がある。その違いは、個人的には余り体感できない。ただ、私はコンサバティブなキャッシュ設定を行なっている。

どうも、私のサーバーではプログレッシヴ設定にすると遅い感じがするからだ。理由は分からない。使っているサーバー環境によってお好み設定をすることをお勧めする。

コンサバティブCacheは、MODULEに有るCache機能をコントロールすることが出来る。特定のモジュールはCacheをON、OFFにできる点が良い。

ページを頻繁に更新する場合などは、コンサバティブCacheを使うほうが良い。

一方でページ更新が少ないサイトは、プログレッシブCacheを使うと良いとされる。モジュールレベルのCacheはコントロールできなくなる。全ての部分でCacheが自動的にONになる。

GZIP機能

グローバル設定のシステムタブにある。GZIP圧縮は、ページに多くの文字記述があるサイトに効果的である。

Gzip

テンプレート側での圧縮機能

使っているテンプレートによってCSSやJavascriptを圧縮して効率の良い運用にしてくれる機能を提供しているものがある。それがある場合は、それを適用する。

第三者によるエクステンション

Joomla.orgにあるCacheエクステンションでお好みのものをダウンロードして使う。

これらの対策をしても応答スピードが遅く感じるならば、やはり、大元のサーバーを良いものにすることである。これが一番効果がある。

 

=>Joomlaの記事オプション

=>Joomlaコンサルティング

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2015 Goyat. All Rights Reserved.