• 080-5178-9927

お客様に見つけてもらう集客方法

お客様に見つけてもらう集客方法

お客に見つけてもらう

 

お客に見つけてもらうビジネスモデルがあるとするならば、どんなビジネスになるだろうか。

ビジネスを始める時は、普通、お客様探しでお客様がいそうなところに出かけてドアをノックしてみる。電話をかけてみる。お問合せ、売り込みメールを大量に配信してみる。ダイレクトメールやDMファックスを出してみる。

兎に角、待っていないで攻撃的に打って出る営業活動をする。

これが普通であり、自然で当たり前のビジネスの始め方だろう。今の時代は、会社に就職しても雇用が定年まで保証されていないと言って良い。こんな時代で生活をして行くには、自分でビジネスを始めるしかない。

どっちみち、歳が50歳を越えた時点で雇用される機会が少なくなる。

歳を取ればとるほど自分で生活して行くためのビジネスを構築しなければならない。誰でもが出来れば良いのだが、こればかりはやってみないと分からない世界である。

お客に見つけてもらう仕掛けがある!

前提条件として、

  1. 地道に時間と労力をかけて継続する必要がある
  2. 情報発信ツールを用意する
  3. ターゲット客層に何を提供するかを決める

今、会社に雇用されている立場であるならば、雇用されている間にターゲット客層に何を提供して生活していくかを明確にすることだ。

これが明確に出来れば、ターゲット客層が欲しがる、または、検索サイトで検索する情報を事前に時間と労力をかけて情報ポータルサイトを構築することである。

継続的にターゲット客層が欲しがる情報を時間をかけて発信し続けると自然とお客様からのアクセスが増えてくる。ページ数とコンテンツの量が他の同様なサイトと比較して目立って多くなってきていれば自然とヒットする回数が増加するからだ。

非常に単純でシンプルな集客方法である。

ただ、長い時間と地道な労力を要求するため多くの人が継続できない。

あなたが発信する情報は、お客様に見つけていただくための「情報と言うなの餌」である。餌にも色々な質と種類がある。上等な餌から誰も見もしない餌まで色々ある。いわゆる、コンテンツの質である。

鮮度の古い「情報の餌」をホームページに置いておいてもリピーターはやって来ない。お客のほとんどは、リピーターから生まれる。何度も何度もあなたのホームページを訪問して餌を食べていく。

餌がまずくなれば、浮気をして他のサイトに行く。

うまい情報の餌が沢山提供されているサイトは、自然とお客が見つけてくれる。そのような状態にホームページを育て上げるには、Joomla CMSのような情報発信を効率化するツールが必要になる。

情報の餌は、あなたが作り出す。ここに、差別化が生まれる。

美味しい餌をたくさん作り出せれば、お客に見つけてもらうビジネスが展開できる。

=> 会員向け情報発信のツール

=>Content Marketing CMS導入パッケージ

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2015 Goyat. All Rights Reserved.