• 080-5178-9927

営業を支援するホームページとは?

営業を支援するホームページと営業をするホームページとでは、ホームページの作り方が違います。

ます、営業を支援するホームページで新しい顧客開拓をする場合は営業マンが営業をしやすい情報を提供するホームページになります。情報の共有と営業活動などを中心に営業のやり方を学び成功する営業を実践させるためです。

この場合、一般公開する情報とそうでない情報を区別してアクセス制限などをする機能が必要です。

つまり、自社の営業マンだけが閲覧出来ることや情報投稿が出来る仕組みです。

営業するホームページの場合は、ホームページに掲載されている情報がえさになってお客さんが自らやってくるということです。自社製品やサービスをお客様に売り込みたい場合は、自社製品の情報だけでなくその製品を使うことでどのような問題を解決するのか、どのような恩恵が得られるのかを詳細に説明する必要があります。

つまり、お客様が読んで有益と思う情報をお客様の視点で情報発信することです。

ここで問題なのは、情報の量とページ数です。お客さんは、検索サイトで検索してやって来ます。検索サイトで検索される確率を高くする方法でホームページを作り込む必要があります。

その前提としてボリュームがある情報満載のホームページが最低限必要になります。お客さんが探している情報を提供するとき、どのような情報を探しているのかがわかりません。ターゲットになるお客さんの関心の範囲をカバーするぐらいの情報が必要になります。

自分で時間をかけて作り込んでいけるホームページシステムが必要です。1ページごとでお金が発生していては、コストがかかりすぎます。

 

Joomla導入料金

 

 

=>ホームページのJoomla CMS化サービス

==>JoomlaでGoogleの検索結果画面に著者情報を表示させる方法

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.