• 080-5178-9927

Joomla 1.0, 1.5, 2.5, 3.0で注意することは何?

Joomlaのシステムバージョンの違いは何を意味しているのか?

Joomlaのバージョンが違うとこうなる

Joomla 1.0のサイト運営者が、Joomla 1.5, 2.5, 3.0にシステムのバージョンをアップグレードするときにこんな問題にぶつかる。

  1. 今まで使っていたエクステンションやテンプレートは、継承できないという問題
  2. Joomla 1.0から2.5や3.0に直接アップグレードできない問題
  3. 外部プログラム
  4. Joomlaのシステムソースの改変
  5. 外部システムとの連携
  6. 特別な方法で良く分かった人しかできない問題

Joomla 1.5のサイト運営者が、Joomla 2.5や3.0にシステムのバージョンをアップグレードするときは、

  1. 今まで使っていたエクステンションやテンプレートは、継承できないという問題
  2. 外部プログラム
  3. Joomlaのシステムソースの改変
  4. 外部システムとの連携
  5. 特別な方法で良く分かった人しかできない問題

Joomla 2.5のサイト運営者が、Joomla 3.xにアップグレードするときは、

  1. 今まで使っていたエクステンションやテンプレートは、継承できないという問題
  2. 外部プログラム
  3. Joomlaのシステムソースの改変
  4. 外部システムとの連携

Joomla 2.5, 3.x対応のエクステンションやテンプレートを使っていれば、上記の問題は発生しない。

Joomlaは、凄い勢いで過去の遺産を捨てて新しいアーキテクチャーに移行してきている。そのため、システムアップグレードでどうしても苦痛を味わうことになる。この問題をJoomla 2.5から徐々にスムーズなマイグレーションができるよう機能強化されている。

Joomla 2.5.xで追加されるJoomla 3.xへのマイグレーションは事前にサーバー環境をチェックできるようにしている。問題なければ、ワンクリックで3.xにアップグレードされる。

この仕組みで問題がなければ、今後のシステムアップグレードは将来において頭痛の種にはならないと思う。

一番問題がないサイト構築の方法は、標準システムだけでサイトを構築することである。これが基準になってシステムアップグレードが想定されていると私は思っている。

=>Joomlaコンサルティング

 

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

 

検索