• 080-5178-9927

スマホ、タブレット対応CMSの良さ

スマホ、タブレットでホームページを見る人が急増する

tablet-pc-smartphone

今までホームページは、PCで見るというのが常識でしたが、スマホ、タブレットを使う人達が急増しているためかこの常識が変わりつつあります。

若い人たちは、スマホで何でも情報収集する習慣があり、中高年はタブレットでホームページをキーボードを使わない閲覧し始めています。

当然、

ホームページは、スマホ、タブレットに対応しなければ見にくいホームページなります。特に、ビジネスを展開している会社のホームページは、今後と言わず今すぐスマホ、タブレットに対応したメディアにするべきでしょう。

ホームページを見るメディア端末がマルチデバイスになっていますのでそれに対応できるよう会社のホームページを変える必要があります。

見栄えだけの視点でホームページを使っている会社は、ホームページのあり方を考え直す必要があります。

スマホ、タブレット中心の考え方で情報発信をすると

インターネットで情報を探す時に会社のPCで探す時代から電車の中やカフェでスマホ、タブレットを使って情報を探す時代です。

営業マンは、モバイルPCをやめてタブレットを持ち歩く時代です。ウエブでの情報探しとメールの確認であれば、タブレットが一番使いやすい端末になります。

スマホ、タブレットに自動対応するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で会社のホームページを作り直せば、時代の要請に対応ができます。

わざわざ、スマホやタブレット専用のホームページを新たに作成し運営する必要がなくなります。一つのページが自動的にスマホやタブレットの画面で最適に見れるようになります。

これからのホームページは、絵で書いた見栄え中心のホームページではなく、時代の要請にすぐに答えられるホームページシステムである必要があります。

CMSは、情報を直ぐにウエブで発信ができます。その情報がスマホやタブレットの画面で見えやすいレイアウトで表示されます。ユーザーは、デザインに凝ったサイトよりも情報がすぐに手に入るサイトにアクセスします。

デザインや見栄えに凝ったサイトは、スマホやタブレットで見る時に問題を抱えます。見栄えの良いサイトは、画像を多用します。画像を多用しますとサイトを表示する上で重くなり時間がかかり過ぎます。画面が表示される前に別のサイトに行くという機会損失が生まれてしまいます。

スマホやタブレットでサイトにアクセスするユーザーには、情報がすぐに手に入るページレイアウトで情報を表示したほうが良いです。

CMSで自社のホームページをリニューアルすることで今までアクセスが出来なかったお客さんにアクセスできます。

 

=>ホームページのCMS化

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.