• 080-5178-9927

Joomlaのシステム保守を怠ると苦労が無駄になる

Joomla CMSは便利なツールだがシステム保守を怠ると・・・

Joomlaのシステム保守は必須です

Joomlaで構築されたサイトは、情報発信の上で生産性を格段に向上させます。

例えば、

サイト内にある記事のリンク付などは、記事編集ページにある「記事」というアイコンをクリックしてリンクしたい記事を探し、選択するとページに記事タイトルとリンクが同時に記入されます。

また、

ブログのように記事の途中に「続きを読む」というリンクを貼りたい場合など記事編集内のどの箇所にでも任意で設定が出来ます。同時に「続きを読む」という文言を任意の文言にカスタマイズできます。

画像、PDF、Excel、Wordなどのファイルも記事作成中にアップロードしてリンク付が出来ます。

色々な機能が提供されているのですが、システムは定期的に保守する必要があります。システム保守は、CMSのサイトを維持する時に欠かせません。これを怠りますと思わぬトラブルや不具合、最悪、サイトを潰すことになります。

自分でシステム保守が出来れば良いのですがそのレベルまでJoomlaについて勉強する必要があります。本を読めばそれが出来るというわけには行きません。

Joomlaでは、

    1. システムのバージョンアップ
    2. エクステンションのバージョンアップ
    3. システムとDBのバックアップ
    4. バージョンアップによる思わぬ不具合
    5. 操作ミスによる管理画面へのログイン不可
    6. エクステンション導入による不具合
    7. システムのマイグレーション

などの対応が求められます。不幸にもハッキングされた場合は、サイトを復元して再度ハッキングされない工夫をしなければなりません。この辺になりますと一般ユーザーレベルでは対応できません。

Joomlaのシステム保守がちゃんと出来ているならば余計な心配事をしないで情報発信だけに集中できます。折角育て上げた情報ポータルサイトを台無しにしないためにもJoomlaシステム保守はしっかりやっておきたいものです。

=>Joomlaシステム保守

 

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

Facebookのコメントで質問、回答、助言、Tipsなどお書き下さい。閲覧者にプラスに成る内容であれば、このサイトの記事ネタにして投稿者のホームページ(URLが記載されていれば)にバックリンクをさせて頂きます。こちらからお尋ねした時にご希望かどうかをお知らせ下さい。

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.