• 080-5178-9927

ページの閲覧数が各ページ毎に分かるJoomla

Joomlaは各ページの閲覧数を自動的にトラッキングしている

自動的にヒット数をトラッキングするJoomla

アクセスカウンターというCGIソフトをホームページに設置してホームページのトップページに来た人をカウントする仕組みを導入しているサイトがある。

この設定は、もう時代遅れになりつつある。

Joomlaでサイト構築されていれば、各ページごとの閲覧数を自動的に教えてくれる仕組みがある。各ページ毎に表ページで表示/非表示が出来る。一般公開したくない場合は、システム管理画面にある記事管理で各ページ毎の閲覧数リストを見ることが出来る。

単純な機能であるが、自社サイトの閲覧数が気になる人にとって非常に役に立つ機能である。

ホームページは、イメージで印象付ける時代から多機能で今までやれなかったことができるホームページシステムに移行してきている。

Joomlaは、今まで出来なかった事を簡単に出来るようにするツールである。自社サイトの運営者がシステム操作だけで今までウエブデザイナーに依頼していたページ作成や修正を行うことが出来る。

Joomlaはウエブでの情報発信作業の効率化に貢献する生産性向上のツールである。ウエブの専門家でなく一般社員がサイト運営を行うためのツールである。

ホームページでの情報発信は、サイトオーナーが自ら情報を発信する時代に近づいている。それを可能にするのがJoomla CMSである。ブログシステムと違って最初から法人向けにシステムが開発されているため、システム操作だけである程度のカスタマイズが出来てしまう。

ウエブで発信したい情報が沢山ある会社ほど、Joomlaの恩恵を受ける。難しいSEO対策などはいらない。全て、システム側で対応してくれる。

小手先のSEO対策に時間とお金を投資するならば、発信するコンテンツの質と量にお金と時間を投資すべきだろう。情報の質と量がこれからのSEO対策になる

Joomlaは、情報発信をできるだけ楽にさせ、情報を持っている一般社員がいつでも、どこでも、直ぐにウエブで発信できる機能を提供する。

一度使ったら、二度と昔のホームページに戻れなくなるほどの快適さを味わえる。

 

=>ホームページのCMS化

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.