• 080-5178-9927

モバイルフレンドリーなホームページを作る

FireShot_Screen_Capture_001_-_モバイル_フレンドリー_テスト_-_wmobile-friendly.png

 

Googleは、モバイルフレンドリーなホームページをより重視する方針を発表した。モバイルの検索でモバイルフレンドリーなホームページを優先的に検索表示順位を決めるときに考慮するということだ。

あなたのサイトがモバイルフレンドリーであるかをチェックする

上記のGoogleページであなたのホームページがモバイルフレンドリーなホームページであるかどうかが分かる。多くのホームページは、モバイルフレンドリーなホームページではないと宣言されるだろう。

 もし、あなたのサイトがモバイルフレンドリーなホームページでないならばJoomla CMSでサイト構築をすれば良い。Joomlaは、最初からモバイルフレンドリーなホームページを作ってくれる。インストールした時点でホームページはモバイルフレンドリーなホームページになっている。

モバイル端末(スマートフォン)でホームページを検索する人が急増している。このニーズを反映してGoogleは、モバイル端末対応のホームページを優先し始めた。

モバイルフレンドリーなホームページで無い場合は、PCで検索する限り何も差別は無いがスマートフォンで検索した場合に不利になる。それを気にするか、しないかだ。

すでに大企業のホームページはモバイルフレンドリーなホームページになっている。中小企業やホームページのトレンドについて行けていない企業は、問題を抱えることになる。これを機会にホームページのリニューアルを検討する会社は、Joomlaでサイト構築を考えてはどうだろうか。CMSであるので自分たちでページ作成がブログのように出来るだけで無く多言語対応も同時に出来る。2020年の東京オリンピック対策で海外の観光客向けにこれから多言語サイトが求められる。少なくとも英語と日本語のサイトは基本になる。

モバイルフレンドリーなホームページであるか、無いか!

 ホームページは、PCだけで検索、閲覧されるものだと思っている経営者であると時代に取り残されている。PC所有台数とスマートフォンの台数を比較してスマートフォンの台数が多いのが顕著になっている。スマートフォンは一人に一台。PCは、まだ、一人に一台では無い。

若い人たちは、PCよりも先にスマートフォンを購入して使っている。何かを調べるときは、スマートフォンで情報を検索する。いつでも、どこでも簡単にできるからだ。PCは、自宅や会社で無いとすぐには使えない。

それ故、

Googleは、スマートフォンでの検索結果を重要視する。閲覧が快適なホームページを優先するのは当然である。モバイルフレンドリーなホームページになっていない会社は、モバイルユーザーにとって快適なホームページではない。快適なホームページでなければ見てくれない。

モバイルフレンドリーなホームページでない会社ホームページは、時間とともにアクセス量が減少してくる。見てくれる人たちが少なくなるとビジネスにも影響し始める。メディアとしての告知力が弱まるのである。

Joomlaは、サーバーにインストールしたと同時にモバイルフレンドリーなホームページとしてできあがる。

 

Joomla導入料金

>>Joomlaホームページ運営代行サービス(個人、法人問わず)

>>Joomlaホームページトラブル解決サービス(個人、法人問わず)

 

Subscribe 購読

コンテンツマーケティングツール Joomla CMSお客に見つけてもらうサイトに育てましょう。Joomlaとコンテンツマーケティングに特化した情報をFacebook、Twitter、ブログ、メルマガで提供しています。

subscribe-facebook

subscribe-twitter

検索

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.