• 080-5178-9927

さくらインターネットのレンタルサーバーでRapidSSL化が出来ないという問題

さくらインターネットのレンタルサーバーで英語と日本語のバイリンガルJoomlaサイトをRapid SSLを使って暗号化しようとしたら、Too Many Re-direct(リダイレクトが多くてエラー)エラー表示が出てしまいサイトの暗号化が暗礁にあがってしまった。

他のホスティングサイトでは、問題なくSSL化が出来たのにさくらインターネットのレンタルサーバーではそれが上手くできない。さくらインターネットのレンタルサーバーの設定が特殊なようだ。

この数か月の間、解決方法を模索していた。やっと、解決方法が分かったが、一つだけ面倒な事がある。システムのバージョンアップ時に必ず設定をやり直す必要があることだ!

さくらインターネットのレンタルサーバーでのSSL問題の解決方法

さくらインターネットのレンタルサーバー側でRapid SSL証明書を取得したら、Joomlaのindex.phpファイルに下記のコードをコメント分が始まる前に記載する。

事例として、japan.bizのJoomlaサイトでの設定。必ず、index.phpファイルを開いて<?phpのコードの後に記入すること。

<?php

if ( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
    $_ENV['HTTPS'] = 'on';
    $_SERVER['HTTP_HOST'] = 'japan.biz';
    $_SERVER['SERVER_NAME'] = 'japan.biz';
    $_ENV['HTTP_HOST'] = 'japan.biz';
    $_ENV['SERVER_NAME'] = 'japan.biz';
}
/**
 * @package    Joomla.Site
*
 * @copyright  Copyright (C) 2005 - 2016 Open Source Matters, Inc. All rights reserved.
 * @license    GNU General Public License version 2 or later; see LICENSE.txt
 */

core system fileであるため、Joomlaのバージョンアップがある度にindex.phpファイルに上記太文字のコードを追加記入する必要がある。

これが終わったら、管理画面のグローバル設定でSSLを全てのサイトにする。これでさくらインターネットのJoomlaサイトは、SSL化できる。

参考サイト:Pane Brute さくら共用サーバでJoomlaをSNI SSL対応

 

Fields marked with * are required

Subscribe 購読

コンテンツマーケティングツール Joomla CMSお客に見つけてもらうサイトに育てましょう。Joomlaとコンテンツマーケティングに特化した情報をFacebook、Twitter、ブログ、メルマガで提供しています。

subscribe-facebook

subscribe-twitter

検索

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.