• 080-5178-9927

ベトナム語、インドネシア語、タイ語、マレーシア語対応のホームページシステム

ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシアの観光客向けのホームページを作成したい!

vietnam,thai,malaysia

東南アジからの観光客が増加している。ベトナムからの留学生も2013年度は1万人に達している。タイやマレーシアからも観光客が大勢やって来ている。

日本のホームページは、外国語で情報を発信できている会社が少ない。ほとんどが英語である。大手通販会社は、中国語、韓国語、英語などが中心でベトナム語、タイ語、マレーシア語などで情報が発信されていない。

発展途上国からの移民が増加する!

日本の人口と生産労働者数が年々減少しているため、日本政府は東南アジアからの移民枠を広げる。その労働者は、できるだけ多くの日本の最新情報をインターネットで探し始める。

そのような状況がこの数年の内に活発になる。この事は誰もがそう予測する。

しかし、

ベトナム語、タイ語、マレーシア語で情報を発信している日本企業がない。彼らを労働者として雇用するメリットを考えるならばできるだけ早い時点から東南アジアから移民してくる労働者向けに情報を提供しておくべきだろう。

最新の日本情報を東南アジアに向けて発信するには、ベトナム語、タイ語、マレーシア語対応のホームページシステム(Joomla CMS)が必要である。多言語対応が標準で国連機関でも採用されている。

特に地方に東南アジアの観光客を誘致したいならば、今からベトナム語、タイ語、マレーシア語対応のホームページの準備をしたほうが良いだろう。情報がインターネットに行き渡るまで時間がかかる。

地方の企業は、今からこれら言語で情報発信をしたほうが良い。その理由は、都会の企業がまだこれらの言語で情報発信をしていないためである。都会に東南アジアの観光客を奪われる前に地方の魅力を彼らの母国語でアピールしたほうが良いからである。

ここで問題になるのは、情報をベトナム語、タイ語、マレーシア語に翻訳する時間とコストである。

日本の大学に留学している留学生をアルバイトで採用して彼らの母国語で直接ページ作成をして頂ければ翻訳コストが発生しないし、時間もそれほどかからない。

留学生は、HTMLの知識や経験がないのでワープロのようにページ作成ができるCMS(コンテンツ管理システム)で情報発信をさせたほうが良い。

特にJoomla(ジュームラ)CMSは、表サイトだけでなくシステム管理画面も多言語対応が標準になっている。

つまり、直接彼らの母国語でページ作成とシステム操作が出来るのである。他のCMSでは、これが出来ない。

Joomlaを使ってベトナム語、タイ語、マレーシア語対応のホームページを作り、今からこれから増加する観光客を誘致しましょう。

 地方の魅力を観光客の母国語で説明できれば、それが出来ない都会の魅力よりも先に観光客を誘致できます。

 一度、お問合せ下さい。地方に東南アジアの観光客を誘致するホームページシステムについて説明させて頂きます。

Joomla導入料金

 

Subscribe 購読

コンテンツマーケティングツール Joomla CMSお客に見つけてもらうサイトに育てましょう。Joomlaとコンテンツマーケティングに特化した情報をFacebook、Twitter、ブログ、メルマガで提供しています。

subscribe-facebook

subscribe-twitter

検索

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.