• 080-5178-9927

インバウンド・マーケティングの基礎とその仕組はコンテンツマーケティングと同じだ!

インバウンド・マーケティング(コンテンツマーケティング)のオーバービュー

インバウンド・マーケティングとコンテンツマーケティングの基礎と仕組み

インバウンド・マーケティングもコンテンツマーケティングも名前だけが違うだけで仕組みもやり方も同じである。

基本は、お客様にあなたを見つけて頂くという所にある。

お客にあなたを見つけていただくためには、あなたが発信している情報(ターゲットユーザーに絞りこまれてコンテンツ)が検索エンジン(YahooやGoogle)やソーシャルメディア(FacebookやTwitter)でヒットされるようにする大前提がある。

大前提:

  1. 訪問者に役に立つ情報を作り出せること
  2. 継続的にその情報を発信続けること
  3. ページ作成が簡単で誰にでもできるツールが必要(JoomlaなどのCMS)
  4. 情報の量とページ数の多さがヒットする確率を高める

ページ数が数十ページのホームページはインバウンド・マーケティングを実践できない。ある程度効果を認識できるまでのページ数は、最低でも300ページ以上のホームページになる。

つまり、

ほとんどの中小企業のコーポレートサイトは、今のホームページでインバウンド・マーケティングを実施できない状態にある。ポータルサイトの仕組みがあるJoomlaの様なCMSでサイトが構築されていれば社内の担当者がターゲットユーザーに向けて役に立つ情報ページを作成し続ければ良い。

役に立つ情報と簡単に誰にでも発信できるツールはインバウンド・マーケティングで必須!

サイトのページ数が300ページ以上になってアクセスが増加してきたら訪問者の中から見込み客を仕分けするプロセスに入る。

あなたが発信する情報に関心があり、もっと知りたい、継続して新しい情報を求める訪問者の後追い情報を取得する仕掛けが必要になる。

見込み客を見つける仕掛け:

あなたが発信する情報に興味を示す訪問者は、定期的にあなたの情報を求め始める。メルマガ登録や無料PDF登録などを使ってメールアドレス、名前、会社名、電話番号、住所などの情報を取得する。

定期的に新しい情報を提供することで見込み客との接点を増やす。何らかのアプローチ(セミナーのお誘い、新しいPDF情報の提供、キャンペーン情報など)を登録者にすることで自然な出会いを作り出す。

押し売り営業の印象を与えないアプローチが必要である。

実際に見込み客とお会いできる状況になれば、後は見込み客との接点が切れないように営業担当者が工夫する。ここまで達成できれば、インバウンド・マーケティングが上手く行ったという証拠になる。

攻めによる営業(広告や宣伝)は、無駄が多いし、コストも掛かる。インバウンド・マーケティングは、時間と情報とツールが必要だが無駄もないし、コストもそれほど掛からない。

==>Content Marketing CMS導入パッケージ

 

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

Facebookのコメントで質問、回答、助言、Tipsなどお書き下さい。閲覧者にプラスに成る内容であれば、このサイトの記事ネタにして投稿者のホームページ(URLが記載されていれば)にバックリンクをさせて頂きます。こちらからお尋ねした時にご希望かどうかをお知らせ下さい。

 

Subscribe 購読

コンテンツマーケティングツール Joomla CMSお客に見つけてもらうサイトに育てましょう。Joomlaとコンテンツマーケティングに特化した情報をFacebook、Twitter、ブログ、メルマガで提供しています。

subscribe-facebook

subscribe-twitter

検索

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.