• 080-5178-9927

ウエブで情報発信が出来る、出来ないの違い(中小企業)

publishing

ホームページがない会社は、会社の存在を確認できないという時代に成って来た。取引先は、お付き合いを始める前にかならずホームページを調べる。ホームページがある会社かどうか、発信されている内容が最新であるかどうか、詳細な製品情報やサービス説明がなされているかどうか、会社概要や背景情報が掲載されているかどうかなどを見る。

この数年に起業した会社は、自社ホームページでの情報発信を自社担当者が行っている場合が多い。HPの専門家でなくても簡単にページ作成が出来るシステムでホームページを作っているからだ。問題は、ホームページを作ってから何もしていない会社だ!

ウエブで情報発信をしていないと検索で不利になる!

Googleの検索では、最新の情報を発信しているホームページを優先的に上位にリストする仕組みになっている。お客さんがグーグルで検索をして探す情報は最新の情報を前提にしているからだ。1年前の情報はお客さんが求めていないということが分かっている。 

自社のホームページを使ってお客さんの信用と集客を求めている中小企業ならば、今直ぐにホームページのリニューアルをCMS(コンテンツ・マナネジメント・システム)で行うべきだ。CMSで作られたホームページは、誰にでも簡単にページ作成が出来るというメリットが有り、複数人で情報発信が何時でも、何処でも出来てしまう。

ウエブでの情報発信でいつも問題になることは、ホームページ制作が出来る担当者がいない。外注するとコストがかかる。この問題は、ホームページが生まれた時代からずっと引きずっている。時代は、既にこの問題を解決するCMSを使ったホームページのツールが生まれている。

CMSで作ったホームページは、この数年間に起業した会社で当たり前のように活用されている。起業したばかりの会社は広告宣伝をする資金がないので自社ホームページを使ったメディア宣伝を行っている。オウンドメディア・マーケティングである。自社サイトで定期的に情報発信をターゲット客層に向けて発信することで潜在顧客が検索でやって来るという戦略である。 

CMSで作ったホームページと普通のホームページの違いが分からない社歴がある中小企業は、時代のマーケティングツールを使えていない。自社サイトを集客サイトにするオウンドメディア戦略は、今後の流行になる。今ならば、まだ、この流行に乗り遅れない。 

競合他社や新規参入企業がCMSを使ってオウンドメディア戦略を展開してきたら、ウエブでの集客で確実に遅れを取ることが分かっている。自分たちでページ作成が出来る仕組みがあるとホームページでコストが発生しない。発生したとしてもそれに見合う成果が期待できる。 

CMSでオウンドメディアサイトを構築する時は、そのやり方に精通したCMSサイト構築業者に相談すると良い。専門家の知恵を自社サイトに入れ込んでウエブでのオウンドメディアマーケティングを実施するのである。自社にないリソースは、専門家の知恵を使うことで競合他社よりも一歩先に行ける。

 

Fields marked with * are required

Tags: ,