• 080-5178-9927

複数人でウエブサイト運営をしたいならばCMS

一人で会社ホームページを運営管理するのは負担がある

複数人でウェブサイトを運営管理出来るCMS

会社でホームページを担当している人は、別の仕事を掛け持ちをしている場合が多い。ホームページの運営と管理は、手間がかかる。自分でページ作成をするならば、片手間でできるような仕事ではない。

この事実を知っているのは、担当者だけ。

経営者や上司は、ホームページについて無知に近い。分からないことは、分かる奴にやらせる。この論理で負担がホームページを少しかじった社員に行ってしまう。

担当者は、いつも、こう思う。

「ホームページの運営管理を複数人で分担出来れば、色々な面でメリットが会社に生まれるのに!」

CMSで構築されたホームページは、複数人で作業ができるのが前提になっている。

例えば、

  • CMSのシステム管理をAさん
  • ページ作成をBとCさん
  • 作成したページの承認を上司Dさん

CMSでは、何人でも同時にページ作成が出来る。そのため、沢山ある情報を短時間でウエブで発信が出来る。1時間以内に10件のお知らせページを作成するならば、5人が同時にページ作成する。30分以内に10ページのお知らせページが出来上がる。

複数人でサイト運営するメリット

  • 短時間に多くの情報を発信できる
  • 担当者に過度な負担が行かない
  • 担当者が退職、転職、出向、異動した場合に他の人がすぐに対応できる
  • ビジネスを支援する情報発信を各部門で自由に行えるようになる
  • 各営業支店に担当者を置くことで現地の情報をウェブサイトへ反映できる

Joomla CMSでは、上記の事ができる上にこんな事も出来る

  • マルチデバイス対応:スマートフォン、タブレット、PCのサイトを一つのサイトで全て自動対応できる
  • 多言語対応:英語、ドイツ語、韓国語、中国語、タイ語、インドネシア語など多言語に対応している
  • 言語自動認識&誘導:海外からのアクセスを自動的に認知してその国の言語のトップページに誘導する

2013年からのインターネット事情は、PC向けのホームページでは対応できない新しい端末での情報閲覧が増えてくる。スマートフォンだけでなくタブレットでのホームページ閲覧が日増しに増加するのは明白である。

これに対応するためにスマートフォンのホームページ、タブレットのホームページとPCサイトと同じ内容のホームページを新規に制作すれば担当者の負担は3倍になる。

Joomla CMSは、この負担を一つのサイトで全て解決する。Joomlaで構築したサイトは、自動的に3つの情報閲覧端末(スマートフォン、タブレット、PC)に対応するからだ。

海外でビジネス展開をしている会社、これから計画している会社はホームページも多言語対応にする必要がある。最低でも英語と日本語のバイリンガルサイトは必須になる。

Joomlaは導入時に既にバイリンガルサイト機能(英語と日本語)を有している。コンテンツだけを英語で用意しておけば直ぐにでもバイリンガルサイトが出来上がる。

米国支店にいる米国人担当者と東京本社にいる担当者が独立してそれぞれの言語でページ作成が行える。英国に支店が出来れば、英国の担当者も独立してページ作成が出来るようになる。

マルチリンガルサイトとして会社のホームページを作り直したいならば、Joomla CMSを使うことでそのニーズを満たすことが出来る。

時代の要請と担当者の負担の削減を同時に解決するホームページシステムはJoomla CMSしかありません。

 

=>ホームページのCMS化

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required