• 080-5178-9927

Joomlaシステム保守講座2:レンタルサーバー環境

Joomlaサイトの多くは共有レンタル・サーバーで稼働している

I-am

Joomlaは、PHP、MySQL、Appache、LinuxなどのLAMP環境で稼働する。そのためその環境を提供するレンタルサーバーを探す必要がある。

Joomlaのシステムバージョンによってサーバーで稼働出来ない場合がある。Joomla 2.5と3のサーバー環境のページを参照して頂きたい。Joomla 2.5(商用バージョン)とJoomla 3(検証バージョン)では、要求されるサーバー仕様が違う。

お使いのレンタルサーバーの仕様がJoomlaのバージョンアップに追いつていない場合は、サーバー環境を変える必要が生じる。レンタルサーバーを変えて(引越しして)新しいJoomlaバージョンでサイトを運営することになる。

この時にユーザーは困ることになる。

Joomlaのシステム保守が出来る人が社内にいれば問題はないのだが、いない場合はそれが出来る会社に依頼する必要がある。この時、システム保守契約をしていれば、このような問題が発生しても大きな費用は発生しない。

又は、

そのような問題が発生しないホスティング会社のサービスでJoomlaサイトを稼働させることを助言できる。

Joomlaのシステム保守は、Joomlaサイトを運営する上でシステム的な問題が発生しないように、又は、発生しても対応ができるようにするサービスである。

Joomlaのシステムに詳しくないユーザーは、「安心をシステム保守で買う」という認識が必要である。

=>Joomlaシステム保守講座3:Joomlaシステムのバージョンアップ

 

=>Joomlaシステム保守

==>Joomla2.5と3.0のTips

新しい記事の掲載時にメールで同じ内容を配信します。

お問合せフォーム

Fields marked with * are required

 

© 2015 Goyat. All Rights Reserved.